今日からMariさんのMorning Yoga

参加させてもらってます。




左手首を痛めてるので

できるポーズは限られますが

それでも身体が伸びて

とても気持ちよかったです。




こんなにしっかり丁寧なヨガを

2,000円/月で受けられるなんて!




しかもビデオOFFでもOKなので

ノーメイクで参加できるのは

ありがたいですね。

Mariさん、ありがとうございます^^




まだ申込可能だそうなので

気になる方はぜひ。

Morning Yoga(8月)




さて、ここからは

スピリチュアルな話になりますが




ヨガを受けたあと

急に思い立ち

久々にアカシックで

自分の火星に会いに行ってきました。




いつもの手順に沿って

海の中の階段を降りていき

いつものように

途中の部屋に入ろうとしましたが




部屋には入れず

突然何かに引っ張られたように

階段のさらに下へ下へと

ものすごいスピードで

引き込まれていきました。




少し怖さもあったけれど

信頼して身を委ねることに。




深く深く潜ると

やがて海底が見えてきました。




海底には小さな丸い穴が空いていて

どうやらそこから今度は

真下へと降りるようです。




海溝のようなところを

階段よりも長い距離を

真っすぐ下へ下へと降りていきます。




やがて光も音も届かない

真っ暗なところに到着。




徐々に暗闇に目が慣れてきて

前方を見ると

そこにあの胎児がいました。

(詳しくはこちらの記事を参照)




火星にアカシックで行くのは

あの時以来、1年8ヶ月ぶりです。




前回と同じものが見えたのは

実は初めてです。

きっと私があの胎児に

会いたかったからでしょう。



胎児の言葉が頭に直接

流れ込んできます。




「遠いところまで

来てくれてありがとう」



なんだかすごくうれしそう。

私もうれしい気持ちでいっぱい。




お互いに自然と手と手を合わせます。




「今は元気ですか?」と尋ねると